防爆技術の展示会について新着!!

防爆技術を特集した展示会が注目されています

続きを読む
LiLz サーモカメラとは新着!!

LiLz Gaugeのサーモカメラは、安定した温度監視を可能にする高度な技術を備えています

続きを読む
LiLz Gaugeは簡単で低コストなDXです

LiLz Gaugeは、現場のデジタル化を推進するためのツールとして、その手軽さと経済性で多くの企業から選ばれています。以下に、LiLz Gaugeを使用したDXのメリットを紹介します。

続きを読む
LiLz GaugeのAPI

LiLz Gaugeのアカウントを持っているユーザーは、APIを利用してトークンを生成し、そのトークンを使って様々なデータを取得したり、システム間でデータをやり取りしたりすることができます

続きを読む
APIって何?

LiLz Gaugeに関わる方々は、時々「API」という言葉に出会います。APIとは「Application Program Interface)」の略で、Application Program=ソフトウェア、Interface=間に立つもの、という意味です。ソフトウェアに関係する内容で、モノづくりに関わる皆さんにとっては聞きなれない言葉かと思いますので、説明させていただきます

続きを読む
遠隔点検での注意ポイントについて

遠隔点検は、設備や機器の状態を物理的な距離を超えて監視する技術です。この技術は特に、人が容易にアクセスできない場所や、危険が伴う環境、または大量の点検が必要な場合に有効です。しかし、遠隔点検を実施する際にはいくつかの重要なポイントに注意する必要があります

続きを読む
IoTの投資と有効性について

IoTの生産現場への導入にはハードウェアを含む膨大な初期投資が必要で、その額は数億~数十億円など高コストになりがちです。LiLz Gaugeは初期投資も低い(当社実績では工事を含む投資比で1/10~1/20等)為、短期で投資コストを回収できます

続きを読む
LiLzの防爆カメラはZONE2(ゾーン2)に対応します

ZONE2(ゾーン2)は、通常の状態では爆発性雰囲気を生成する可能性が小さく、生成した場合でも短時間しか持続しない場所を指します。ZONE2であろうと、防爆エリアで使用されるカメラは特に厳しい安全基準を満たしている必要があります。

続きを読む
LiLz Gaugeは簡単&安価にスタートできる現場DXです

LiLz Gaugeの進め方をご案内させていただきます。とても簡単&安価にスタートでき、防爆エリアに対応するカメラもご案内しています

続きを読む
現場DXは簡単でなければ

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、ビジネスプロセスをデジタル化し、効率化とイノベーションを推進することで、企業の競争力を高める重要な取り組みです。現場導入においてはシステムや社内手続きの複雑性がありますが、LiLz Gaugeは現場DXの分野で注目される、非常に簡単&導入しやすい技術の一つです

続きを読む
LiLz 防爆IoTカメラは業界初!(?)

LiLzの防爆カメラ( LC-EX10 )は、業界初の「設置工事なし・電気不要」のカメラで、IoT・AI遠隔点検サービス「LiLz Gauge」の一部として提供されます。7月の展示会で、LiLz Gaugeの新製品の防爆カメラを展示します

続きを読む
LiLz 防爆対応IoTカメラ( LC-EX10 )の利点

LiLzの防爆カメラ( LC-EX10 )は、防爆エリアでの使用に特化した低消費電力IoTカメラで、特に石油化学プラントなど防爆が必要な環境での巡回点検を効率化することを目的としています。7月のメンテナンス・レジリエンス展示会でLiLzの防爆カメラをご案内します

続きを読む
防爆エリアとDX(デジタル トランスフォーメーション)

プラントなどの防爆エリアでは防爆機器を使用して作業員の安全を確保し、設備の保護を行っていますが、防爆機器のDX化とは、これらの機器をデジタル技術と組み合わせて効率化や遠隔監視を実現するプロセスです。

続きを読む
防爆カメラを選ぶ3つのポイント

防爆カメラを選ぶ際には、以下の3つのポイントを考慮することが重要です

続きを読む
防爆カメラのメーカーは?

IoT技術を活用した防爆カメラは、危険な環境での監視を効率化し安全性を向上させるための重要なツールとなっています。いくつかの防爆カメラメーカーとその製品についてご紹介します。LiLzの防爆カメラは静止画IoTカメラですが、ゾーン( ZONE ) 2に対応するカメラとして圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります

続きを読む
防爆エリアの分類( ゾーン ZONE )について

防爆エリア(危険箇所)は危険度によって分類されています。
LiLzの防爆カメラはゾーン( ZONE ) 2に対応するカメラで、遠隔点検サービス「LiLz Gauge」のサービスの一部としてご期待いただいています

続きを読む
防爆機器・技術に関する展示会について

防爆技術や防爆機器に関する展示会は、最新の技術や製品を知るための重要な情報源となります。以下に、いくつかの推奨される防爆展示会を紹介します。当社(NBKマーケティング)も7月のメンテナンス・レジリエンス展示会でLiLzの防爆カメラをお披露目します

続きを読む
防爆の規格と安全性について

防爆規格は可燃性ガスや粉塵が存在する環境で使われる電気機器の安全性を確保するための基準です。これらの規格は火災や爆発リスクを最小限に抑える為に設計されています。当社は防爆規格(IECEX, Atex, 国内認証)に準拠したLiLzの防爆カメラをご提供います

続きを読む
本質安全防爆と耐圧安全防爆

本質安全防爆と耐圧防爆をご説明します。当社は基幹設計から見直された「金具などで取りつけるだけのとても軽い本質安全防爆のLiLzカメラ」をご提供できます

続きを読む
防爆カメラの設置について

防爆カメラの設置はこれらのステップが一般的ですが、LiLz防爆カメラは電源・配線が不要など際立つ特長があります

続きを読む
防爆カメラの選ぶ際のポイント

防爆カメラの選び方を以下ご案内します。LiLzの防爆カメラは工事不要で、ZONE2の危険箇所に工事ナシで設置できます

続きを読む
防爆カメラはどうして高いのか?

防爆カメラは高価になりがちです。こちらではその理由をご案内します。LiLzの防爆カメラについて、当社は安価でお届けします

続きを読む
LiLz BLE/LTEルータとは

LiLz BLE-LTE Routerは、LiLz Cam BLEとLiLz Gaugeを結ぶ役割を果たすデバイスです

続きを読む
LiLz防爆カメラとは

LiLzの防爆カメラは、特に低消費電力で長期間稼働することを目指して開発された製品です。他の防爆カメラと比較して、以下の特徴があります:

続きを読む
防爆エリアでのセンシング機器とカメラの活用について

防爆エリアでは可燃性ガスや粉塵が存在するため、普通の電子機器の使用が制限されます。防爆エリアでの安全確認やプロセス管理に、センシング機器やカメラは不可欠です。LiLzは業界初のタイプの防爆カメラをリリース予定です

続きを読む
防爆とは

防爆とは、可燃性ガスや粉塵によっておこる火災や爆発を防止する技術的な対策のことを指します。工場やプラントなどの現場では、可燃性のガスや蒸気、粉じんなどが存在する場所があります。これらの可燃性物質が空気に混ざり合うことで爆発性雰囲気が生成され、電子機器から発生する火花やアーク(気体放電現象)、熱などの点火源と触れ合うと、火災や爆発が起きてしまいます。当社はLiLzの代理店で防爆カメラをご提供することで、防爆エリアの点検がラクになるようサポートしています。

続きを読む
LiLz Cam の優位性について

LiLz Camは、他のIoTカメラと比較していくつかの特長があります。以下にその特徴を詳しく説明します

続きを読む
LiLz Cam BLE:BLE通信のみを行うカメラ

LiLz Cam BTEは、LTE通信とBLE通信の両方を行うLiLz Cam LTEと違い、BLE通信のみを行う非防爆カメラです。LiLz Cam BLE と LiLz Cam LTEの見た目は変わりません

続きを読む
LiLz Gaugeのセキュリティ対策

LiLz Gaugeのセキュリティ対策についてご案内します

続きを読む
BLEとは

BLEとはBluetooth Low Energyの略で、Bluetoothの通信の中でも省電力を重視した無線通信技術であり、特にIoTデバイス間の通信に広く利用されています。

続きを読む